焼酎好きの心を掴んで離さない焼酎「村尾」


画像引用元:http://bersbar.com/?menu-item=村尾

焼酎の「3M」の中でも、特にコアなファンが多いのが「村尾」です。
その理由は、すっきりとした飲み口であるにもかかわらず、しっかりと芋の味が残るお酒であり、芋焼酎の素晴らしさを体現しているからでしょう。

一度飲むと、そのインパクトにきっとやられてしまうはず。
それほどにしっかりと味わうことができるのが、この焼酎の最大の特徴です。

3Mには他にも森伊蔵や魔王がありますが、焼酎好きなら「村尾」と言われるほど人気があるのも頷けます。

もう一つ、この焼酎はとても希少性が高いことでも有名で、なかなか手に入れることができないところも特徴的。
その理由は、大量生産をしていないから。
大量生産していないというよりも、できないんですね。

村尾酒造が製造しているんですが、その工程を代表の村尾さんが1人で行っているので、どうしても流通量が限られてしまうんです。

それでいて味がいいわけですから、プレミアム焼酎になるのは当たり前なのかもしれません。

ここまで聞いても、この焼酎の価値があまりピンとこない人は、お酒買取りに出してみましょう。
まだ開栓していなければ、良い買取価格で引き取ってもらうことができるはずです。

なかなか手に入れることができないからこその買取価格


希少性が高くなれば買取価格が高くのなるのも必然ですが、「村尾」も、もちろん3Mの焼酎と同じように高値で取引されています。

ただ、森伊蔵や魔王のように、その銘柄を冠として何種類もお酒を出している、というタイプの焼酎ではありません。

この蔵元では基本的に2種類しか出しておらず、「村尾」と名のつく焼酎は1種類だけ。
900mlと1,800mlのように量による違いはありますし、限定ラベルのものが販売されていたりはしますが、中身は一緒です。
これもこの焼酎の特徴かもしれませんね。

もちろん、作られた時期によって多少味には違いが出てくるので、それによって若干買取価格が変わってくることもあります

900mlの焼酎は1,000円台から2,000円台の前半くらいが買取価格の相場となっています。
1,800mlの焼酎は5,000円前後で買い取ってくれるお酒買取り業者が多いでしょう。
1,800mlの焼酎で状態がよくニーズの高い年に作られたものであれば、5,000円台半ばくらいまでは価格が上がるかもしれません。

限定ラベルのものは通常のものとさほど価格は変わりませんが、箱なども完全に残っているものなら、それらがないよりも買取価格を上げてもらうことができます。

手に入れたいけど手に入れられない人の多い焼酎なので、値段が下がることはまずないでしょう。
でも、状態が悪くなる前に買取に出しておいた方が得をするのは間違いありません