名前からは想像できないほどの飲みやすさが特徴


画像引用元:http://www.nomooo.jp/column/53442/

焼酎には「3M」と称される三大銘柄があります。
その中の一つである「魔王」
なかなかインパクトの強い名前ですが、その味はとてもまろやかであり、焼酎の中でも飲みやすいお酒であると言われています。
これがこの銘柄の一つの特徴でしょう。

熟成酒であるのも特徴で、これによって味や風味に深みが増し、より芳醇な香りを楽しむことができます。
決して味が強くてヒリヒリするようなところから名付けられたのではなく、天使を魔界へと誘い込めるくらい豊かで芳醇な味わいがあるところから、この「魔王」という名前がつけられていることは知っておいてもいいのかもしれません。

この焼酎は、なかなか手に入れられないことでも有名です。
メディアでも度々取り上げられ人気となったことに加え、その味の良さから口コミでも広がり、国内中にファンが続出しました。

普通、ブームというのは一過性のものなのですが、「魔王」は違います。
「3M」と呼ばれるのも、この人気が長く維持され続けているからなのでしょう。
未だに入手が困難で、それによってお酒買取り業者の間でも争奪戦が行われるほどになっているんです

長期熟成古酒なら高価買取は確実!


画像引用元:http://saketecho.exblog.jp/24650233/

「魔王」の720mlは1,000円ほどで、1,800mlは3,000円から4,000円ほどの買取価格となっています。
価値としてはさほど高くないと感じるかもしれませんが、焼酎としてみればとてもいいお値段。
このブランドはそれ単体でもとても価値があるとみなしてもらえますから、お酒買取りの業者は1本からこの価格帯で買い取ってくれるでしょう。
箱などがなくても買取価格がそこまで下がらないのは、お酒そのものの質がとても高いから。
付属品がなくても査定に出してみる価値はあるでしょう。

とくに高い価格で買い取ってもらえるのが、長期熟成古酒です。
長期熟成ものは必然的に希少価値が高くなりますが、「魔王」も例外ではありません。
1,800ml入りの長期熟成古酒は2万円から3万円と、通常のものの7倍から8倍の価格がつくんです。

長期熟成よりも価値があるとされているのが「古にしえのかめ(いにしえのかめ)」
これは超高級焼酎の一つで、「最古の魔王」とも呼ばれる逸品。
流通価格は30万円を超えることもあり、買取価格は10万円超えは確実です。

これを自宅に眠らせている人はほとんどいないかもしれませんが、もしあればすぐにお酒買取り業者に持っていくことをおすすめします。