黒麹を使用した味わい深さが特徴の芋焼酎


画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/kinko/313/

芋焼酎の中でもとりわけ高い人気を集めているのが、甲斐商店が手がける「伊佐美」です。
甲斐商店は鹿児島県の伊佐市にありますが、この土地は焼酎の生産でとても有名で、その代表的な存在がこの焼酎というわけです。

原材料となっているのはサツマイモの一種であるコガネセンガンと国産のお米、そして黒麹です。
この焼酎が作られ始めた頃は、白麹を使用するのが一般的。
そんな中で黒麹にこだわったことで、他とは一線を画す風味を出すことに成功し、そして多くのファンを獲得するに至りました
この黒麹をはじめとした原材料へのこだわりこそが、「伊佐美」の最大の特徴と言えるでしょう。

最近はおしゃれなデザインのラベルや梱包の焼酎も増えてきていますが、この焼酎は昔ながらの瓶に昔ながらのラベルを貼り、販売しています。
この、時代の変化や流行に媚びないところも特徴であり、多くのファンが魅力を感じている部分なのではないでしょうか。

ザ・芋焼酎と言えるほどの味わい、これがこの焼酎を口に含んだ時に感じる特徴。
繊細さというよりも、男性の好むしっかりとした風味と濃厚な味わいを楽しむことができるお酒です。

安定した買取価格の代表格である「伊佐美」


とても美味しい焼酎なので、所有している人はもちろんそのまま自分で飲んでもいいんですが、飲む機会がない、焼酎の味がわからないという人は、お酒買取りに出してもいいのかもしれません。

「伊佐美」は、プレミアム焼酎の元祖と言われているお酒です。
つまり、稀少性が高くて手に入れるのが簡単ではない焼酎のパイオニア的な存在ということ。

万人受けするような焼酎ではありませんが、流通する数と欲している人の数、つまり需要と供給のバランスは取れていないので、どうしても手に入れられない人が多くなってしまい、価格が高騰するわけですね。

実際にお酒買取りに出してみると、1,000円以上の買取価格はつけてもらうこともできるでしょう。
定価が2,000円しないことを考えれば、これはなかなか高額な買取価格です。
しかも買取価格は安定しています。
常に人気のある焼酎なので極端に買取価格が下がることはなく、いつ売っても1,000円前後の値段はつけてもらえるでしょう。

ただ、特徴的なレトロな雰囲気のラベルが劣化によって汚れると買取価格が下がってきてしまうので、やはり売却の判断は早い方がいいのかもしれません