実は焼酎にも名品が存在している「獺祭」


画像引用元:https://www.dan-b.com/bikini-kan/article/87396

「獺祭(だっさい)」と聞いて、多くの人が思い浮かぶのは、きっと日本酒のはず。
日本酒でとても有名な銘柄で、旭酒造が製造・販売しているお酒です。

しかし、「獺祭」には焼酎も存在しています。
これは、あまり広くは知られていません。
知られていたとしても、どうしても日本酒の陰に隠れてしまいがち。
知る人ぞ知る逸品と言ってもいいでしょう。
知名度の割には品質が高い、これが何よりの特徴なのです。

日本酒を製造するときには、その過程で酒粕が生じます。
これは色々と使い道があるのですが、旭酒造ではこの酒粕をさらに発酵させ焼酎を作り上げているのです。

芋や麦とは異なる風味、それはとても芳醇でスッキリとしています。
フルーティーな味わいが大きな特徴であるこのお酒は、甘みも強く、しかし透明感の強い飲み口。
女性でも抵抗なく飲むことができるでしょう。

あくまでも日本酒を製造する過程で出てきた酒粕を原材料として使用しているので、生産される本数は非常に限定的
そのため販売されている地域や場所も限られており、これが世の中の人がまだまだ知らない最大の要因となっています。

どのお酒買取り業者も高額買取の用意あり


知る人ぞ知るお酒というのは、欲しがる人の数は少ないけれども、揺るぎないファンがいるということでもあります。
「獺祭焼酎」にも、これは当てはまるでしょう。

それ以上に製造・販売されている数も少ないので、希少的な価値もかなり高め。
希少価値の高いお酒はお酒買取り業者も多くが欲しがりますから、買取価格が上がるのも当然のこと。

この流れがしっかりとでき上がっているため、今すぐ売りに出しても、そこそこの金額で買い取ってもらうことが可能となります。

720ml入りのものが1,500円ほど、これが「獺祭焼酎」の買取価格の相場。
1,000円以上は確実で、よりこのお酒に価値を見出している業者であれば2,000円を超えてくることもあるかもしれません。

そう、このお酒に価値を見出せるかどうかも業者選びのポイントとなります。
とても珍しいお酒であるがゆえに、ちゃんとした鑑定士や専門性の高いお酒買取り業者に依頼しないと、適正な買取価格をつけてもらうことはできないでしょう
この点に十分に気をつければ、損をしない価格で買い取ってもらうことができるはずです。

少なくとも、1,000円以下で買い取ろうとする業者には売らないようにしてください
それよりも確実に高く買い取ってくれる業者が必ずありますから、そうしたところを選ぶよう心がけましょう。