焼酎の中でも群を抜いて人気のお酒


画像引用元:http://www.nomooo.jp/column/53442/

どんな焼酎でもよければ安いものもたくさん出回っていますが、ある程度味を覚えると、プレミアム焼酎と呼ばれるような希少なお酒に手を出したくなるものです。

「3M(スリーエム)」と称される、プレミアム焼酎の中でも高い人気を誇っているお酒に「森伊蔵(もりいぞう)」があります。
お酒に興味があまりなくても聞いたことがある人がたくさんいるのが、この焼酎です。
それだけ知名度が高いわけですから、人気があることもなんとなくわかるのではないでしょうか?

3M(スリーエム)とは
「森伊蔵(もりいぞう)」「魔王(まおう)」「村尾(むらお)」の3つの焼酎の頭文字をとった言葉。
入手困難で市場価格になかなか出回らず、希少価値が高いため高価で取引される。

  3Mプレミアム焼酎「魔王(まおう)」の買取価格
  3Mプレミアム焼酎「村尾(むらお)」の買取価格

製造しているのは森伊蔵酒造。
鹿児島県にある酒造メーカーです。
航空会社のファーストクラスで提供されていることでも有名。

電話での申し込みによる抽選販売が毎月行われているのも一つの特徴。
この競争率がとても高い。
生産されるのは月にたったの1,000本ほどと言われています。
激しい争奪戦が繰り広げられるわけですが、この希少性から偽物も出回るほど。

味の特徴は、甘みがあり、非常に濃厚な後味が残ること。
口の中で広がる風味に病みつきになる人が続出していて、それもこの焼酎の魅力と言えるでしょう。

3万円や4万円の買取価格は当たり前


入手が困難であればあるほど買取価格が高くなる、それがお酒買取り業界のセオリー。

焼酎の中でそのトップに君臨するのが「森伊蔵」というわけです。
「魔王」や「村田」と合わせて3Mと呼ばれますが、その中でも抜きん出ていると言ってもいいでしょう

この焼酎をお酒買取りに出すと、いくらくらいで買い取ってもらえるのか気になるところですが、「隆盛翁(たかもりおきな)」「楽酔喜酒(らくすいきしゅ)」は3万円以上の買取価格をつけてもらうことができます。

それよりもさらに高価買取が可能となるのが「同期の桜」
流通するものには10万円を超える価格が付けられるほどで、お酒買取り業者に買い取ってもらうとなると、5万円から6万円あたりが買取相場となるでしょう。
相場がこれですから、もしかしたらもう少し多くの現金と換えられるかもしれません。

「錦江(きんこう)」も4万円くらいになる可能性を秘めている焼酎です。
「あ々玉杯の同期(ああぎょくはいのどうき)」というお酒は2万円ちょっとの買取価格が相場となっています。
単に「森伊蔵」と呼ばれている焼酎は720mlのもので5,000円ほど、1,800ml入りのもので1万円ちょっとといったところでしょう。

「森伊蔵」の中でも買取価格は異なりますし、お酒の買取業者によっても数万円違ってくることがあります。
ただ、焼酎の中ではかなり高い部類ですから、買取に出すという決断はそう難しいことではないのかもしれません。